読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアはこわくない

自分の好きな音楽とか雑記とかエンジニアっぽい内容を好きなように書く場所。

AWSCloudFormationでElastic IP(固定IP)付きのEC2インスタンスを作成する


f:id:tsujitaku50:20170121194543p:plain

こんにちは、つじたく(@Tsuji_Taku50)です。

AWSCloudFormationでElastic IP(固定IP)付きのEC2インスタンスを作成したので

そのサンプルコードを載せようと思います。

再起動するたびにIPアドレスが変わる

AWSのEC2インスタンスを立てると、自動的にIPアドレスが付与されます。

ただその場合、インスタンスが再起動をするたびにIPアドレスが変更になってしまいます。

それでは何かと面倒です。

そこで、インスタンスにElastic IP(固定IP)を付けることが可能です。

そうすることでインスタンスを再起動してもIPアドレスが変更にならず固定されたままになります。

AWSCloudFormationでElastic IP(固定IP)付きのEC2インスタンスを作成しようと思います。

サンプルコード

AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09'
Description: instance
Resources:
  # インスタンス
  EIPInstance:
    Type: "AWS::EC2::Instance"
    Properties:
      AvailabilityZone: us-east-2a
      ImageId: ami-c55673a0
      InstanceType: t2.nano
      KeyName: xxx
      SecurityGroups:
      - default

  # 固定IP
  EIP:
    Type: "AWS::EC2::EIP"
    Properties:
      InstanceId:
        Ref : EIPInstance

EC2インスタンスとEIPを作成しています。

作成したEIPのEC2インスタンスをくっつけます。↓

      InstanceId:
        Ref : EIPInstance

以上でEIP付きのインスタンスが作成できます。

まとめ

AWSCloudFormationの使い方はこちらを↓

tsujitaku50.hatenablog.com

前に「セキュリティグループ付きのEC2インスタンスをcloudformationで作成する」ということもしました。

tsujitaku50.hatenablog.com

再起動するたびにIPアドレスが変わるのは面倒くさいので、ぜひEIPをつけましょう!

おわり!!

広告を非表示にする