エンジニアはこわくない

雑記とかエンジニアっぽい内容を好きなように書く場所

自動ビルドしてくれるライブラリ「fresh」がいい感じ


スポンサーリンク

f:id:tsujitaku50:20170224131252j:plain

githubをぼけーと見ていると「fresh」という便利なライブラリを見つけたので、

それについて書きたいと思います!

どんなライブラリか

一言で言うとソースコードに変更があると、自動ビルドしてくれるというライブラリです!

恐らくみなさんが開発するときは

コードを変更する→セーブする→go buildコマンド実行

という流れで開発していると思います。

ずーっと開発しているとgo buildすることさえメンドクサイと感じるようになってきます。(実体験)

この「fresh」さえ起動しておけばセーブした瞬間に自動でgo buildしてくれます。

超便利!

使い方

  • まずはインストール。go getしてきます。
% go get github.com/pilu/fresh
  • 次に開発しているプロジェクトのルートディレクトリまで移動します。
% cd /path/to/myapp
  • freshコマンド実行
% fresh

すると、ライブラリが起動してコード監視&自動ビルドしてくれます。

基本はこの使い方で問題ないと思います。僕も特に困ったことはありません。

もう少しアレンジしたいときは

「fresh」ライブラリを起動するときに自分で作成した設定ファイルを指定して起動することが可能みたいです。

  • 設定ファイルのサンプルフォーマット
root:              .
tmp_path:          ./tmp
build_name:        runner-build
build_log:         runner-build-errors.log
valid_ext:         .go, .tpl, .tmpl, .html
no_rebuild_ext:    .tpl, .tmpl, .html
ignored:           assets, tmp
build_delay:       600
colors:            1
log_color_main:    cyan
log_color_build:   yellow
log_color_runner:  green
log_color_watcher: magenta
log_color_app:
  • 設定ファイルを指定して起動↓
% fresh -c runner.conf

まとめ

これで開発がだいぶ楽になりますね!

おわり!!

Github

ソースコードはこちら

github.com